スタッフより--「高野優の思春期ブギ」発売!(13.01.10追記)

10 Sep, 2012 | take

掲載情報はこちら
重刷が決定いたしました。ありがとうございます!
楽天ブックスウィークリーランキングで2位になりました。
12月4日上毛新聞さまに記事が掲載されました。
タウンわたらせさまに掲載していただきました。
ないおんさまでご紹介いただきました。
11月1日聖教新聞
さまに記事が掲載されました。
北海道新聞さまに記事が掲載されました。
 alt=""title=""

育児情報誌「お・は」にて連載していたエッセイとマンガが、一冊の本になって
ジャパンマシニスト社さんから発売されました。
2年間に渡る子どもとの思春期対決(!?)、
今まさに思春期に悩んでいる方も、
これから思春期と格闘予定の方も、どうぞご覧くださいね。

:wing:担当の高石さんから、オススメポイントをいただきました



高野さんから送られてくる出来たてホヤホヤのエッセイ・漫画を読みながら、
仕事を忘れて、激しく同意、ジーンと感動、クスリと笑ってみたりして・・・。
いつの間にか、私自身、高1・娘の親として、すっかり一読者になっていました。

思春期の子を持つ親ならば、この本を通じて、
高野さんと子どもたちとの日常のエピソードの一つひとつに、
きっと共感していただけるでしょう。

そして、思春期の不思議さ、怖さ、もろさ、繊細さ・・・なども、
岩宮恵子さん(臨床心理士)、山本シュウさん(ラジオDJ)、
田口ランディさん(作家)、岡崎勝さん(小学校教員)と、高野さんとの対談で、
より深く掘り下げられています。

この本ならではのユニークな答えを味わっていただけること間違いナシ!!
『高野優の思春期ブギ』を読んで、少しは心が軽くなって、もうちょっと子育てがんばるか! 
っていう気持ちになってもらえればうれしいです。


高石

:wing:岡崎勝先生のブログでも、ご紹介いただきました。
http://masaruokazaki.jugem.jp/?eid=216

 border="0"alt=""title=""

:ashiato:この本のご感想を、この記事のコメント欄へお寄せください。
※携帯でご覧の方は、 件名を「★「思春期ブギ」感想」とし、
ハンドル名(=コメント記入時のお名前)を明記の上、
alamode_ny2012@take.cside5.jp宛、メール
いただけると幸いです。
(こちらのコメント欄に転載させていただきます)
※パソコンで受信しますので、絵文字は全て文字化けしてしまうため、ご使用をお控えください。
( ^^ や ;_; のような、普通の文字で書かれた顔文字は使えます)

※また、amazonのレビューもお待ちしています!
(ご購入も、↑こちらからどうぞ)

:neko:販促用チラシ(クリックすると拡大表示します)
 border="0"alt=""title=""



<<掲載情報など>>
★重刷が決定いたしました。ありがとうございます!(2013/01/10)

楽天ブックスウィークリーランキング(12/21-12/27)で
2位になりました。(教育心理部門)
ありがとうございます!


12月4日上毛新聞さまに掲載していただきました。
 alt=""title=""

タウンわたらせさまに掲載していただきました。
 title=""alt=""

ないおんさまでご紹介いただきました。

 title=""alt=""

★11月1日聖教新聞さまで紹介していただきました。
 title=""alt=""

★北海道新聞さまで紹介していただきました。
  title=""alt=""






« Prev item - Next item »
---------------------------------------------

Comments

今、アマゾンで早速注文してきました!
これから思春期を迎えるので今からホントに緊張します…
参考にさせていただきたいです!

腹芸モニカ - 10 Sep, 2012 - 17:00:23
--------------------------

やっぱり在庫切れなんですね。この前、結構大きな本屋さんでも品切れでした。残念。
私もアマゾンにお世話になります。

明後日はついに網走講演ですね。すっごい行きたいですけど、行きたいんですけど、すいません、行けません。
こんなチャンス、二度とないかも・・・ですが、今週は学校行事と、病院で、すでに2回も半休をいただき、来週も又、病院に行かなければならず半休予定。最悪です。しかし、子どもの病気なんて親の都合関係ナシ!!

でも、やっぱり残念。私、優ちゃんファン歴長いんですよ〜。もう今は無くなってしまった出版社の頃の本もありますよ。

次のチャンスはいつかわかりませんが、次こそは是非参加したいです!!!あ〜サイン欲しかった〜〜〜

オレンジランドセル - 12 Sep, 2012 - 14:05:06
--------------------------

昨日郵便受けに「思春期ブギ」届いてました:heart:
仕事でヘトヘトでしたが、一気読み、二度読み。。。

今上の子が思春期真っ只中。。。
りんちゃんよりはなぎちゃんタイプなんで、りんちゃんの感じは下の子(男の子)がこんな感じになるんかなあと。
オロオロしてるんは私だけじゃないんやなあとちょっとホッとしました。
3年くらい続くときくとまだ長いんか・・・と思ってしまいましたが、長い人生からみたらほんの短い間なんやろうな。

できたら三姉妹それぞれの思春期ブギ出版してほしいくらいです。。。
参考にもなるし、三姉妹を間接的にですが成長をみてきているので親戚のオバチャンの気持ちもあったりして:wink:

かおつ - 12 Sep, 2012 - 16:17:54
--------------------------

まだ子供が6歳なので、優さんのファン歴も6年。
子供の年齢と共に、これからも優さんのず〜っとずっとファンです。
そして三姉妹の、勝手に親戚のオバチャンです。

思春期ブギ、一気に読みました。読み応えたっぷりでした。
まだまだうちは思春期に程遠く、昔の自分に重ねてみたり、子供の将来を想像してみたり、
優さんのイラストにクスッと笑い、エッセイにはホロリときたり、とにかく忙しかったです。
私が、一番心に残ったのは、P35の内容で号泣してしまいました。
何気ない言葉も、子供の捕らえ方で苦しめるんだなと・・・。
でもそれは、母に対する愛がいっぱいあるから・・・最後の言葉に泣けました。

4人の方々との対談も、とても為になるいいお話ばかりでした。
これからやってくる反抗期&思春期に対して、なぜそういう時期が来るのか、とても理解できました。
実際に、その時期になったら、わかっていても対応できないかもしれませんが、
心構えとして知っておくと、辛い時期も乗り越えられそうな気がします。
いつかは、やってくる思春期の為に、大切なバイブルにしたいと思います。

さてさて、これからまたランドセルママから、読み直します〜。

浪速のHIRO - 14 Sep, 2012 - 17:07:32
--------------------------

5日に本屋さんに行くと「まだ発売されていません。」!?
何ですと(◎-◎;)
Amazon注文すればよかった・・・失敗。
「とにかく注文しときますっっ。」

待つこと8日間。
仕事中入った入荷TELの1時間後に直行
無事帰宅し、ハリネズミの長女(小6)をかわしつつ貪り読みました☆

小3のときから反抗始まり、ピークは4年〜5年前半だったかな?と思っていた矢先に
塾の進退問題にて再勃発(@_@;)
目を合わさないしゃべらない、部屋にこもり(勉強してない・・・)母の作ったご飯は一切NG。
学校も平気で集団登校遅れる、宿題忘れ&忘れ物山盛りの毎日な彼女。

昨日も参観&懇談にて、長時間相談してきたところです(T_T)
長い暗闇を抜けるとまたそこにはトンネルが。
もはや0.1%も、可愛いと思えなくなっていて。。
批判ONLYのお父さんと、療育に通う下の子(4歳×2名)とで崖っぷち。

でも。
『思春期珍獣物語』
優様がこんな思いをされてるなんて!
きっと下の子の思春期が来たとき、「あの時はまだよかった…」と思っているのかも。
少し勇気が湧いてきました♪
と、言った瞬間にNGWordに触れたらしくドンパン花火!?
何度も読み返し堪能することにします。
日々精進(-ω-)

おろろーじょ - 15 Sep, 2012 - 18:33:57
--------------------------

アマゾンで注文して購入できました。

待ちに待った本です。なぎちゃんと同じ年の娘としおちゃんと同じ年の息子

二人のそれぞれの反抗期と思春期にぶつかりおろおろしている毎日

肩の力をぬいてどーんと構えていたいけど、つい本気モードで対抗して玉砕する日々

そんな自信のない子育てママを「大丈夫」と応援してもらえるそんな本で嬉しいです。

これからも続く思春期をなんとか無事乗り切りたいです。

りん - 08 Oct, 2012 - 15:33:07
--------------------------

昨日講演をきかせていただいて、
自然と涙が流れました。
本もよませていただいてます。

とみ - 14 Oct, 2012 - 21:59:17
--------------------------

昨日の講演会、初めて聞かせていただきました。 高野 優 様に一言お礼が言いたくて
どの様にしたら良いかわからずこちらに投稿させていただきました。
私は大阪府茨木市で保育士をしています。
家庭では二児の母です。 保育士の仕事は幼稚園のころからの夢でした。
高野先生の娘さんの夢も叶うと良いですね。
保育士の言葉の影響力の大きさについて話をしていただき、改めて保育士の仕事に対する責任の重さ
を感じ、また誇りを持って努めたいと感じました。
リハビリを通して生きているだけで幸せだと思う先生のお話を聞きながら涙があふれてきました。
 サイン会の席でちゅうりっぷの会の写真を受け取っていただきました。
須川駿一郎ちゃんは昨年4月25日 1歳3か月でこの世を去りました。
私の知人の大切な一人息子さん。
高槻市の認定保育所で午睡中のことでした。
今私は保育士の仕事をしながら何故安全でなければならない保育の現場でこのような
ずさんな保育による事故が後をたたにのかと胸が締め付けられる思いです。
そして、原因究明する為にご夫妻を支援しています。
限りない未来があったはずの駿一郎ちゃん・・・
誰にもお別れを言えず、誰にも気付かれず、
大好きなお父さん、お母さんのもとから
旅立ってしまった。

何かをして欲しいのではなく ただ一人でも多くの方にしっていただきたい。
 ユウチューブで7月23日に提訴したときのニュースがご覧になれます。
「駿一郎ちゃんがなぜ命をおとさなければならなかったか」

高野優様にこの思いが届くことを願って。
そして、お話を聞かせていただけたことに感謝の気持ちが伝えたくて。
本当にありがとうございました。

とみ - 14 Oct, 2012 - 22:40:26
--------------------------

はじめまして。ぽてぽてです。7歳(女)、4歳(男)、2歳(女)の母です。

3人目妊娠中に、3姉妹のお母さんの高野さんに勝手に親近感を覚え、過去の著作を一気読み、3人の子育てって大変そうだけれど、個性が際立ってきっと楽しいんだ!と前向きになることができました。

そして、うちには少し早いけれど「思春期ブギ」読みました。思った以上にすごい竜巻が巻き起こるのですね。勉強になったのと同時に、まだまだ手がかかる今、手と心をかけてあげたいなあ、きちんと基礎を築いておかないと と思ったり。

実は37歳にして、最近4人めを授かったことが分かりました。不安はいっぱいですが頑張ります。
いつか高野さんの講演会に伺いたいです。お体お大事に☆:icon_6v6:

ぽてぽて - 20 Oct, 2012 - 00:25:30
--------------------------

Leave comment